園長先生のコラム

3がつのコラム (2017年03月01日)

聖三一幼稚園としての在り方

~子どもたちを私のもとに来させなさい。聖書~

新制度への移行が行われます。2017年度は施設型給付の幼稚園。2018年度はこども園。すべての子どもたちとご家庭のみなさんと共に歩めるようにと願い、新しい制度となります。

この移行にあたり、大切にしていることがあります。それは一人ひとりの子どもたちを一番大切にするということです。そしてそのことのために、新制度となります。具体的には、これまで様々な環境にある子どもたちの一人ひとりと過ごしてきたように、これからもそのために必要な体制を整えるということです。より画一化していく社会の雰囲気を感じる中で、多様な人々が集まることは育ちの上で大変大切なことです。

聖三一幼稚園の特徴は、一人ひとりの子どもたちと向き合うことを大切にしてきたところです。その幼稚園教育の在り方を、制度としての幼稚園の枠を越えて、すべての子どもたちと分かち合っていきたいと願っています。一人ひとりと向き合い、大切にするために、2017年、2018年の2段階の変化を通して、よりゆっくりと、より時間をかけて移行しようとしています。変化は自分たちの大切にしてきた面を見つめるいい機会となります。そして変化は戸惑いやストレスとなることもあります。そのことを一番感じるのが子どもたちだからこそ、ゆっくりとした変化を大切にしています。

また、子どもたちにとって大切なことは、掛け値なしにそこにいることの素晴らしさを実感できることです。無条件でいることの出来る場所があることが最も大事だと思います。無条件に愛情を注がれていること、そのことが特に乳幼児期には必要です。だからこそ、私たちの園は教会と言う場所の大切さを痛感しています。掛け値なしの、子どもたちとご家族、園を思う祈りがささげられる教会。祈りを通して、神さまの愛情を確認しながら、祈り合う関係の中で、子どもたちと育つ幼稚園。そこにいることをそのまま大切にできる幼稚園。この当たり前のことを、これからも幼稚園教育の中で実践していくために新しい制度になります。

幼児教育はこの国では、いつもチャレンジです。何を大切にし、どのような体制を作っていくのか、私たちの園が大切にしたいと願っているものを、みなさんと分かち合っていきたいと思います。