園長先生のコラム

9がつのコラム (2017年09月01日)

平和への試行錯誤 ~先輩たちを覚えながら~

こどもたちが過ごす毎日は、大好きな人の笑顔と見守りで豊かに育まれていきます。やがて園を卒園する時、その先にはより広く、新しい体験が待っています。それがどのような世界であれ、今経験している大好きな人の笑顔と見守りが消えてなくなるわけではありません。むしろ、そのことがより一層大切にされることを、より広く新しい世界で実感し、実現していってほしいと思います。

キリスト教幼稚園や保育の世界では、年間の保育目標に「平和」を掲げ、過ごしている園が多くあります。「平和」を思う時、まず、イエス様がそうされたように、子どもたちを笑顔で迎え、抱き上げて祝福される光景が目に浮かびます。その光景をいかに大切にできるのか、これが私たちに与えられている課題でもあると思います。

戦前の1935年(昭和10)頃幼稚園に北川大輔先生という方がおられました。この方はその後アメリカの神学校で学ばれ、卒業された時、太平洋戦争が勃発し、アメリカの日系人の人々と共に過ごす決断をされました。戦争中アメリカから見て敵国である日本の関係者ということで日系人の方々が捕虜とされたことがありました。北川先生も捕虜とされましたが、先生はこのことを通して、人種差別や人権ということを心に留められ、アメリカ聖公会(キリスト教の教派)や世界教会協議会(WCC)で、このテーマのもとに国際的に活躍されたのでした。この北川先生のことを思う時に、立場や思いの違いというものがこの世界にはあるのだということを思わされるのでした。

平和を心に留めようとする時に、立場や思いの違いが出てきます。そして平和を思う時に、立場の違う者たちが、共に耳を傾け、共に思いを伝えようとするその試行錯誤が大切なように思います。

最初の園長先生であるパウエル先生は、戦争のためにアメリカに帰国されました。子どもたちはパウエル先生が大好きでした。しかし、戦争は、その大好きな先生に銃を向ける方向へ人間を向かわせてしまいました。

人は何度も間違いを犯し、失敗を繰り返すかもしれません。しかし、北川先生が海を越えられたように、そしてパウエル先生が海を越えて来てくださったように、垣根を越えていく人々のおかげで、私たちは共に平和を祈り願うことが出来るのかもしれません。立場や思いの違いに気付かせてもらえるのかもしれません。

平和を生きるために、私たちは試行錯誤を繰り返すのかもしれません。

平和を求め試行錯誤する時、垣根を越えた私たちの先輩がいたこと、そしてその人々を支え見守っておられたイエス様が、今も子どもたちの事を見つめていることを心に留めたいと思います。