園長先生のコラム

10がつのコラム (2017年10月01日)

子どもたちの語りかけ

~初めにことばがあった。~ヨハネによる福音書1:1

子どもたちは、いつも声をかけてくれます。いつも好意的で、やさしく、一緒に遊ぶことを求めてくれています。何か修理をしていると、いつもありがとうと言ってくれます。

ある時には、何か心配そうに悩みを打ち明けてくれます。心配事を分かち合ってくれます。

そんな子どもたちの言葉は、神さまの言葉のように大切で、かけがえのない語りかけです。子どもたちの言葉を聞くと、この世には何一つ聞き逃していい言葉はないということを教えられます。

それは、言葉にならない声も含めてです。

今日も沢山の子どもたちの声を聞きました。もしかしたら聞き逃した声があるかもしれません。

聖書の言葉は、意味が分からないことがありますが、それ自体に力があり、言葉自体が、聞いた人の中で生き、その人を養うという考えがあります。わたしはそれを信じていて、いつか子どもたちの中で、聖書の言葉が子どもたちを支え導いてくださると思っています。

同じように、私に語られた子どもたちの言葉も、受け止めきれなかった語りも、それらすべてが私を生かし、支え、導いてくれるのだということを今感じています。今日聞いた子どもたちの言葉は、明日は忘れているかもしれません。しかし、私を支える言葉として私の中で生き、導いてくれていることは確かです。

また同時に、私が語った言葉や仕草も、子どもたちの中で生きていてくれたらなあと思います。もしかしたら私が語った言葉にも命があるのかもしれないということを、逆に子どもたちから教えられます。そうやって、言葉に命があり、言葉が私を支え、導くというごく日常の当り前の中にある、大切な一瞬を、心に留めていたいなあと思います。子どもたち、声をかけてくれてありがとう。


月別アーカイブ