ちゃぷれんの広場

ホーム > ちゃぷれんの広場

ランプシェイド (2013年04月30日)

s玄関に飾ってあるランプシェイド。味わいのある緑。そして赤やいろんな色の模様。手作りの物には、人をほっとさせるものがありますね。


sky high (2013年04月29日)

o園庭、子どもたちにとっての遊び場。この空間は横への広がりとともに、空は無限に広がっています。子どもたちは限りある場所で遊びつつ、いつも限りないものに向かって伸びて行ってるのでしょう。無限。それは私たちも眺めることのできる広がり。


園児玄関 (2013年04月28日)

eいつも入るところだから、何か工夫をしたいと思いつつ、香りや色のご提案を頂いてきました。何か浮かびそう、と思いつつしばし眺めています。


青空 (2013年04月27日)

p時折見える青空。嵐の日も、霰の日も、雹の日もあるけれど、青空の日もありますね。時折の青空は格別な気がしますね。


(2013年04月26日)

kあまり普段じっと木を見つめることはありません。木を眺めたり、木に触れたり。何でもない普段見過ごしているものにふっと目を留めてみるのもいいかもしれません。


水槽の向こう (2013年04月25日)

d降り注ぐ太陽に向かって、水槽をのぞいてみると、めだかさんが、すいすいと、くるくるまわりながら泳いでいました。子どもたちも眺めては、めだかさんの動きをじーっと見つめています。


土作り (2013年04月24日)

s土を作っています。土も生きているので、栄養をやったり、太陽にさらしたり、こねまわしたり。そうやってもりもり元気になっていくようです。これから夏に向けて、何が出来るかな?


鍵盤 (2013年04月23日)

23「シ」、鍵盤をたたきながら、音を楽しむ子どもたち。子どもたちにとってすべてのものが楽器であり、すべての音が新鮮な音色なのでしょう。さわって、音をならして、今日も子どもたちは、音を楽しんでいます。


花壇 (2013年04月22日)

opわたしは、自分で花を道端に沢山植えた時期があったのですが、最近めっきり花を植えることがありません。幼稚園に来ると、お花があって、それがごく日常のことであることに嬉しさを感じます。


かくれんぼ (2013年04月21日)

jチャプレンせんせいは隠れています。見つからないように、そーっと覗き込んでいます。植物の向こう側に子どもたちがいます。こんな低い位置で眺めてみると、違う世界が広がっています。


カテゴリー

過去の記事