ちゃぷれんの広場

ホーム > ちゃぷれんの広場

茜色 (2013年06月30日)

12いっせいに咲き出した茜色の花。ぱっと明るく、そしてたそがれを感じる赤。初夏の風が、この花を揺らしながら、子どもたちを包み込んでいきます。


何をしているのかなあ? (2013年06月29日)

bふと、のぞいてみたら、朝顔たちが並んでいた。何をしているのかなあ?何か集中しているみたいで、あまりかまってもらえませんでした。わたしは朝顔になりたい、とちょっと思いました。


蜘蛛の見えない糸 (2013年06月28日)

m子どもたちには見えて、私には見えない蜘蛛の糸。ついに見えました。腰をかがめて、角度を変えると、蜘蛛の糸。わたしは最近、子どもたちと、この視点の違い、感性の違い、見方の違いがあるから、一緒にいて楽しいのかなあと思うようになりました。子どもたちの視点に驚かされるのと同じように、子どもたちも大人の視点から沢山感動をもらっているのかもしれません。


蜘蛛の糸 (2013年06月27日)

k子どもたちの目線からは蜘蛛の糸が見えます。ちゃぷれんせんせいの目線からはいまいち見えません。「あ、くものいとだーーーー」とおともだちの声で、じーーーっと見ますがなかなかみえません。ついに、角度を変えると見えました。


朝の始まり (2013年06月26日)

k体操が終わり、クラスごとの時間です。すこしずつ朝の緊張がとれて、心も体もリラックス。子どもたちの心の動きは繊細でしかもダイナミック。今日も子どもたちにとって安心とチャレンジの時でありますように。


朝彩 (2013年06月25日)

e朝、おともだちと朝顔を見に行きます。弦が高く伸びているか、花が咲いているか、みんなはそういうところに目がいきますが、わたしは、花がみんな違う色をしていることに驚きと感動を覚えています。花が咲いていないものもありますし、弦がそんなに伸びていないものもあります。けれど、この朝顔には、それぞれに素晴らしい色彩をもっていることに、初めて気付かされました。


彩手裏剣 (2013年06月24日)

s手裏剣作りは難しい。さらに、この手裏剣にはデザインが施されている。おともだちの造形術には目を見張ります。なんともいい感じの手裏剣。見とれてしまいます。


rain 2 (2013年06月23日)

r2雨の跡、これは何かなあ?綺麗な点だけど、何故大きくなってるの?なぞです。子どもたちと一緒に悩みましたが、結論には至らず。いつか子どもたちが教えてくれるでしょう。


雨跡 (2013年06月22日)

r雨の跡。ぱらぱらぱらと何故落ちる、の雨のあと。地面に小さな点々がついていて、思わず子どもたちが、地面の模様に感嘆の声。自然が描く模様ってすごいですね。


トマト (2013年06月21日)

dこれからどんどん色づいていきますね。不思議です。こんなかわいいトマトさんがいつのまにか出来ていました。子どもたちが発見、教えてくれました。びっくりだねえ。


カテゴリー

過去の記事