ちゃぷれんのつぶやき

ホーム > ちゃぷれんの広場 > ちゃぷれんのつぶやき

福井聖三一教会のクリスマス (2018年12月08日)

教会のクリスマス、是非お越しください

12月2日(日) 午前10時半 クリスマス礼拝・祝会

12月24日(

午後 7時  ろうそく礼拝・ティー&ケーキ

午後11時半 深夜クリスマス礼拝

12月25日(火)

午前10時半 クリスマス礼拝

(どの礼拝・集まりも無料)


クリスマス会 ありがとうのクリスマス (2018年12月08日)

img_20181130_113406今年もクリスマス会を開催することが出来感謝でした。

今年の礼拝では、小林チャプレンと6人の仲間(トナカイのトナ、羊のメイとメイメイ、黒ヤギさんと白ヤギさん、カメのカメカメ)がお友だちにクリスマスプレゼントを贈ることにしました。それは物ではなく、赤ちゃんイエス様の声を届けるというプレゼントでした。

チャプレンと仲間たちは目を閉じ、耳を澄ましてイエス様の声を聞きました。

イエス様は「みんな、誕生日を心からお祝いしてくれてありがとう、とってもうれしい」という言葉を聞かせてくれました。それをお友だちに伝えました。

きっと、今日は、大好きなおうちの人やご家族、先生方の前で一生懸命、歌ったり踊ったりすることが出来たことでしょう。うまくいったとおもうこともいかなかったとおもうこともそれらすべてが、赤ちゃんイエス様に届きましたよ。イエス様はそのすべてを感謝し、よろこんでおられますよ。

どうぞ、がんばったお友だちと、今日のことを喜び、今夜はゆっくり休んでくださいね。

みんな、ありがとう。

チャプレンと仲間たち


ご卒園おめでとうございます (2018年03月16日)

2018年3月16日、今日、年長ゆり組さんの卒園式がありました。一歩ふみだしていく一人ひとりの姿に、凛々しさと、そしてわくわくを感じながら、みんなと過ごすことが出来ました。

お祝い会で歌った「はじめのいっぽ」、この歌を歌いながら、いっぽ踏み出すその勇気をいつもみんなに教えてもらっていたことに今日気づかされました。これから歩む一歩いっぽが喜びと祝福に満たされますように、お祈りしています。

ご卒園本当におめでとうございます。そしてありがとう。また会いましょう。


卒園式 2017年3月17日 (2017年03月17日)

卒園式に寄せて。

子どもたちは新しい場所、新しいお友だちとの出会いに向けて卒園していきます。

それはわくわくと同時に不安もあるでしょう。

卒園の時、それはいつも神さまに守られ、知らない誰かに祈られてきた安心を、また新しい場所で実感するための大切な時なのかもしれません。今度は聖三一のお友だちが新しい場所、新しい人との出会いの中で、信頼と安心の輪を作りだしていってほしいと願います。

おめでとうご卒園、これから出会うすべての上に神様の祝福が豊かにありますように。


クリスマス会 ~いと高きところには神に栄光~ (2016年12月10日)

advent_coverクリスマス会が行われました。すべての子どもたち、ご家族のみなさん、そして先生方が、このクリスマス会、そして幼子イエス様のお誕生を通して、豊かに祝福されますように。

赤ちゃんイエス様の誕生を覚え、お祝いすることが、命、平和、共生の源であることを、みんなで心に留めたいと思います。


クリスマスのご案内 @ 福井聖三一教会 (2015年12月07日)

12月20日(日) 午前10時半      クリスマス礼拝          *わたしたちの教会ではこの日にみんなで集まり、共にイエス様の誕 生を感謝し、お祈りします。礼拝の後にはお祝い会も行われます。ご 自由にご参加ください。お待ちしています。  12月24日(木) 午後7時  クリスマス・イブ・キャンドル礼拝        *イエス様がお生まれになったこの夜、世界中で、クリスマス・キャロ ルが鳴り響きます。いっしょにキャロルを歌いませんか。  12月25日(金) 午前10時半      降誕日礼拝      *この日、イエスさまがお生まれになりました。この幼子の内に、神様 の平和の光が輝いていることを覚え祈ります。


イゴロットの踊り (2015年10月15日)

igo先日、フィリピンでアジア全域にある教会の協議会の総会というものがあり、参加しました。その時、フィリピン北部のイゴロット族の踊りを披露していただきましたが、めちゃくちゃ刺激を受けました。きっと幼稚園のおともだちも興奮すること間違いなしの踊りでした。いつか、わたしも心のままにおともだちの前で踊れたらいいなと思いました。


平和を創り出す命のパン 8月15日によせて (2015年08月15日)

bread子どもたちが大好きなイエス・キリストは、「わたしは命のパンです」と言われました。

そのイエスさまのことを聖書は「キリストはわたしたちの平和です」と言っています。

パンは人間社会の営みすべてを表しています。自然の恵み、作り手の汗、流通にかかわる人々。神様の働き。感謝して頂く心。パンは単なる食料ではなく、分かち合う愛情です。

そして平和はこのパンを分かち合う中にあるのです。子どもたちとこのことを大切にしたいと思います。

ともすると、平和は武器や威力によって獲得するものだという考えが支配的になることがあります。私はパンであるキリストを信じます。巨大化した軍事費を食ベ物へと変えていける知恵と工夫を持ち寄ることが出来ますように。そのように子どもたちの行く手を整えることが出来ますように。武器ではなく命のパンを。

そう胸に刻みつつ、この日を過ごしています。


南相馬 命のラーメン (2015年08月12日)

noodleこの夏、福島県南相馬に行ってきました。2011年3月11日の震災の後、南相馬でボランティアの拠点として活動されていた方を訪ねました。

その前日福島市で出会った方が、南相馬出身の方で、その方が、ぜひ南相馬に行ったら、双葉食堂に行ってみてくださいと言われていたので、行ってきました。震災後場所を移され、そこで開いておられる双葉食堂にはたくさんの方が訪れておられました。

壁には、「命のラーメン」と書かれた文字がありました。この双葉食堂のラーメンは、たくさんの方々の心を支え、励ましてきたのだということが分かりました。人々の命を支え、人々をつなげ、人々を励ます食事。

そこには実に多くの方々の関わりがあることを思わされました。私たちの頂く食事、また園での食育も、色々な人とのつながりや思いを頂く命の食卓でありたいと思います。

命のラーメンとの出会いは、何が人を励まし、つなげ、希望をもたらしてくれるのかを思わされました。食事を頂く時、また子どもたちと祈る主の祈りの「わたしたちの日ごとの糧を、今日もお与えください」と祈る時にも、神さまの命の糧が、すべての人を生かしてくださいますようにと祈りたいと思います。そして、震災の影響で困難な状況にある方々と、つながり、共に歩む道を模索したいと思います。


入園式 はじめの一歩 (2015年04月10日)

fs入園式、おともだち、そしてご家族の皆さん、先生方と、神様にお守りと祝福をお祈りしました。

喜びや不安、いろんな気持ちがあると思います。わたしたちは自分の力だけではなく、お互いの存在によって強められることを信じたいと思います。

そして、いつも見つめ愛を注いでくださっている方の方を一緒に向きながら色んな事を乗り越えていきたいと思います。ご入園おめでとうございます。


カテゴリー

過去の記事