ちゃぷれんの広場

ホーム > ちゃぷれんの広場

1がつのコラム (2017年01月01日)

「神は細部に宿る、と教えられて」

~最も小さくされた人にしたことは私にしてくれたことなのだよ~ 聖書

私は整理整頓、掃除があまり好きではなく、気が付くと色々な物が積まれていきます。ある時家族が、「神は細部に宿る」っていう言葉があると言いながら、いつものように掃除をしていました。

私は職業柄、神と言う言葉に弱く、神は細かいこと、小さなこと、面倒だと思われるようなところに、確かにおられ、働いておられる、ということが聖書に書いてあるなあと思い出しました。そうかあ、整理整頓、掃除、当たり前の日常生活の中に神はいるのかなあと、自分の生活を振り返り始めました。

しかし、改善は遅々として進まない中、ある日美術館に行きましたら、そこに展示してある作品の説明の所に、「神は細部に宿る、云々」といったことが書いてあったのです。これは神の導きか、とこれも職業柄、感じるところがあり、最近では段々と「神は細部に宿る」とつぶやきながら、箒を持って掃いたり、片付けを意識するようになりました。

そもそも神さまは小さくされたところに関わっておられ、それは例えばクリスマスの場面にもはっきりと描かれています。幼子イエス様が神の子だというのですから、神様は小さいとされるところにおられるのです。

私はカトリック幼稚園と言うキリスト教の幼稚園で、クリスマスの聖劇もしていたので、神さまがどこにおられるか知らされていたはずなのですが、どうも実際の生活の中では神さまを見失っているようなのです。

私は、神様に出会うことが人生の喜びだと思っています。そして最近、少し整理整頓の習慣が出来てきたように思うのです。整理すると、神様に出会えたかどうか、あまり確証はありませんが、気分がいいのです。整理整頓と神さまのことが直接つながるのかどうかは分かりませんが、たぶん整理整頓や掃除をすると自分だけではなく、身近な人の気分もよくなることが大切なことなのかもしれません。神さまは私たちの心を励ましたり、うれしい気持ちにさせたり、あたたかい気持ちにさせたりするために、いと小さき者となられたのかもしれません。


カテゴリー

過去の記事