ちゃぷれんの広場

ホーム > ちゃぷれんの広場

11がつのコラム (2021年11月01日)

「ペースを合わせて」

14か月になる息子が歩けるようになってきたので、家の近くの散歩に出かけました。いつもなら数分で歩く道を十数分かけながらゆっくり歩いていきました。

その途中色々な物が目に入ります。飛んでいくカラスや季節の木々や草花、走っていく車、排水溝を流れていく水などなど。一つ一つに目を奪われながらも、その一つ一つを真剣に見ています。このように見て観察して成長していくのだなと考えさせられる出来事でした。

普段の生活の中で、ついつい大人のペースで過ごしてしまっていること、子どもを大人のペースに合わさせてしまっていることがあります。その中で大人にとっては大したことがなくとも、子どもにとっては大切な発見や体験の時があるのかもしれません。子どもにペースを預けるには、とても我慢が必要です。限られた時間の中で、しなければならないことやしてほしいことがたくさんあるかとは思いますが、その時子どもにとって何が一番大切なのだろうかと考え、立ち止まることはできないでしょうか。子どものペースを大事にしたいと思います。