園長先生のコラム

12がつのこらむ (2017年12月01日)

クリスマスが子どもたちを支え導いてくださいますように

「マリアよ、恐れることはありません。」ルカによる福音書1:31

クリスマスはイエス・キリストの誕生日です。キリスト教主義の乳幼児施設では必ず、クリスマスの出来事を心に留めるために、劇や礼拝を通して、クリスマスの出来事を心に刻んできました。

幼稚園や保育園でクリスマスの劇をしたという方は多いのではないかと思います。なぜクリスマスの物語を乳幼児期に心に留めたいかと言うと、それは子どもたちの根っこの部分に神さまの祝福を感じる感性を養ってもらいたいからなのです。もちろん大人になっても一人ひとりが祝福されていることは間違いないのですが、無意識の根っこの部分で自分が祝福されていることを育めるかどうかがその人の人生の最大の重要事項ですし、それは幼子の時ほど心にしみやすいからです。

神様は、幼子イエス様を通して祝福を表されました。それは、力ではなく、弱さに、きらびやかではなく、ほのかに光るともしびの中に、神様の恵みが注がれていることを教えてくれるのです。

年の頃14歳くらいのマリアに、天使ガブリエルが現れて、マリアに恐れるなと告げます。マリアは身に覚えのない結婚前の妊娠という最大級の不安の中で、恐れが喜びに変えられる恵みを信じて、一歩一歩歩き出します。何がマリアを励ましたのでしょうか。それは、今この瞬間、神様が共にいて支えてくださると信じることが出来たからでした。

クリスマスの出来事は、すぐに私たちを強めたり、励ましたり、支えたりするわけではありません。しかし、大事なことは、その日、その時は必ず私に訪れるということを今信じて一歩踏み出すということなのです。

悲しみが喜びに、不安が安心に、疑いが信頼に変えられる、その日その時をただ神さまが知っておられます。

マリアの不安が喜びに変えられたクリスマスを、子どもたち、ご家族のみなさん、そして先生方と共にお祝いしたいと思います。


月別アーカイブ