園長先生のコラム

2がつのコラム (2019年02月03日)

感謝と謙虚

~感謝と賛美は私たちのつとめです~ 聖餐式から

毎日のお祈りは、神様への感謝と見守りを心に留める一時です。お友だちはこの一日のわずかな時間をお祈りの時間として大切にしています。

ところで、教会での日曜日ごとの礼拝である聖餐式の中で「感謝と賛美は私たちのつとめです」と祈る場面があります。これは、私たちの祈りの中身、そして生きる意味を教えてくれる言葉です。神さまへの感謝と賛美は、人間の存在の意味や働きについて非常に端的に教えてくれます。人間は創り主である神様を意識すること、そしてその神様に向かって生きる喜びを感じることが人間の生きる意味であると、キリスト教では理解しています。

わたしたちはこのように、祈りの言葉や、祈りの時を通して、私たちの存在の意味や、生き方についての根源的な問いを、日常的に意識し、また無意識的にも、大切なこととして捉え過ごしています。

昨年、ラグビーで神戸製鋼が優勝したことが大きく報じられましたが、その中で大活躍したニュージーランドのダン・カーターという選手がいます。カーター選手はインタビューの中で、ラグビーのニュージーランド代表(オールブラックス)選手時代に何を学ばれましたかという質問に対して「感謝と謙虚」という言葉を語られました。

感謝すること、そして謙虚であること。キャリア的にダン・カーター選手が日本でプレーすることは、ある意味リスクも伴い、名誉と地位だけを考えれば他に人生の進む道もあったのかもしれませんが、ラグビーの素晴らしさをもっと広めたいとの使命から、日本にシーズン途中から来てプレーされたのでした。

当たり前のことかもしれませんが、ダン・カーター選手は神戸製鋼でプレーする前から入念に準備され、謙虚に努力されていたそうです。文化も環境も違う神戸製鋼でのパフォーマンスを最高のものにするために、準備を怠らなかったのです。その姿勢は、まさに謙虚そのものです。自分が世界最高のプレーヤーであるからと言って、相手を見下したり、尊大に振る舞うのではなく、むしろ周りの選手自身も励まされ、謙虚にさせられるようなその姿に、人としての大切なあり方を見たような気がしました。

感謝すること、そして謙虚であること。お友だちが、これから新しい場所へと出かけていく時に、このダン・カーター選手のように、自分も周りのお友だちもいっしょに喜んだり楽しんだりしんどいことも分け合ったりできますように。毎日の祈りの一時が、感謝と、謙虚さを益々育んでくださいますように、お祈りしています。


月別アーカイブ