ちゃぷれんの広場

ホーム > ちゃぷれんの広場

9がつのコラム (2022年09月01日)

なんにもしないこと

高地 敬

ディズニーのアニメ。すいません、もう一つ。『くまのプーさん』です。プーさんとクリストファーロビンが100エーカーの森を散歩しながらお話しています。クリストファーロビンは学校に上がることになるのでプーさんに、「ぼくのこと忘れないって約束してくれるかい」、「約束する」、「ぼくの代わりになんにもしないってことをしてくれるかい」、「もちろん。でもなんにもしないことって、どうやってやるの」、「プーのおばかさん。」これでこのシーンは終わっていたと思います。

「きかんしゃトーマス」はイギリス国教会(イギリス聖公会)の司祭さんが原作者ですが、トーマスたちのセリフで、「役に立つ機関車」という言葉がよく出てきます。機関車なのでちゃんと役に立たないといけないのですが、クリストファーロビンが言っているのは全く逆のことです。「なんにもしないこと」をする。座禅のように無の境地になるのでしたら、かなり難しいのですが、そういうことでもない。クリストファーロビンは、「なんにもしないこと」がもうできなくなると考えています。「なんにもしないことをする」、つまり「役に立たないことをする」ということだと思います。子どもの特権かも知れません。それをプーにしてほしい。「役に立たないこと」をするのはとても面白いことだから。

大人は役に立つことをしようと頑張ります。また、子どもが役に立つことをすることを期待します。でも役に立つことは子どもにとっては面白くないことが多いでしょう。「役に立つことには価値がある」という考えを持っている私たちは、「役に立たないことには価値がない」と考えてしまいがちです。そんな大人になってしまった私たちに、「100エーカーの森にたまには帰っておいで」と呼び掛ける声が聞こえてきたらいいなと思います。


8がつのコラム (2022年08月01日)

悪者にもきっと??

高地 敬

ディズニーのアニメで『シンデレラ』のお話があります。

こんなこと言っていいのかと迷いつつなのですが、シンデレラの犬はブルーノ。ままお母さんの猫がルシファー。ブルーノとルシファーはとても仲が悪くて、シンデレラがブルーノに「ルシファーと仲良くしなきゃだめよ」とお説教するシーンが初めにあります。「人の良いところを見ていくことが大事よ。ルシファーにも良いところはあるわよ。たとえば、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。悪者にもきっと良いところはあるわよ」で終わっています。けなげに頑張っているシンデレラですから、人の良いところをちゃんと見つけられるはずなのですが、ルシファーについては見つけられません。苦笑いしてしまうシーンです。

お子さんたちの良いところは、それぞれたくさんあると思いますので大丈夫だと思いますが、私たちは気分によって、人の悪いところばかりに目が行ってしまいます。そんな時、「ちゃんと良いところを見なきゃ」と無理に軌道修正するのはしんどいことです。逆に、「シンデレラでも駄目だったんだから」と考えれば、少しは気持ちが楽になるかも知れません。そして、人の良いところを見つけるのがとても難しいこんな私でも、支えてくれる仲間や神様があることも思い出せればと思います。


7月のこらむ (2022年07月01日)

〈チャプレンのコラム〉

サルの方がまし??

高地 敬(こうち たかし)

少し前、テレビで「ベニガオザル」の生態について紹介していました。タイの山に住んでいて、京大の先生が観察に行っています。このサル、お互いに自分の唇や腕を相手に甘嚙みさせたり、赤ちゃんを母親から預かって、その赤ちゃんを他のサルと触りっこしたりします。オスが急所を触り合うこともあります。自分の弱いところを差し出して信頼関係を確認しているのだと解説されていました。弱いサルなので、できるだけ内輪もめしないようにして群れを守る。ただ、オス同士が激しく争う時は、赤ちゃんたちが間に入って、触りっこさせて喧嘩が収まることもありました。

1匹の若いメスが出産しますが、とても引っ込み思案で群れに溶け込めません。子育ても良く分からず、赤ちゃんを逆さにだっこしていることもありました。ある時赤ちゃんのうしろ足が絡まって歩けなくなっていて、お母さんはエサを探すとき赤ちゃんを地面の上に置きっぱなしにしています。先生が次に観察に行くと、赤ちゃんは歩けるようになっていて、お母さんも群れの中にいました。おそらく群れのみんなでその親子を助けたのだろうと言われていました。

もう一つ、これはアメリカの小説の中の言葉、「人間は2㎏の脳を持つようになり、ウソをつくようになった。(正確には脳は体重の2%の重さ)」 人間はサルから進化した割には、サルが持っていたものをいろいろ失い、余計なものを身につけてしまっているようです。


10がつのコラム (2021年10月01日)

<チャプレンのコラム>

「案外やってみると」

先日、妻が体調不良となり、1歳3か月の息子と一日を過ごすこととなりました。朝起きてから夜寝るまで、朝昼晩の食事に、一緒にお昼寝、お風呂に歯磨き、洗濯に食器洗い、おまけ?に仕事…ドタバタな一日となりました。 一応、家事や育児は手伝っているので、何をやればよいのかは分かっていますが、いざ一人でとなるとしんどいものがあります。

その中でいくつか気付いたことがありました。妻が一日中姿を見せないと息子は母親を求めて泣き続けるのではないかと思っていたのですが、案外楽しく過ごしていました。また、夜寝かしつける時も、いつもなら妻の近くに行き、ゴロゴロとしながら寝るため、父親の私ではなかなか寝付いてくれないのではないかと思っていたのですが、案外スッと寝てくれました。息子の成長に驚きつつ、頑張ってみてよかったと思う一日でした。

今回のことで、妻だけにしかできないことはなく、自分でも出来るということが分かり、新たな自信が付きました。普段の妻の働きに感謝しつつ、自分にもできると自信を持って子どもと関わっていきたいと思っています。