ブログ

ホーム > ブログ > できごと > さつまいも掘りを体験して…(ゆり組)

さつまいも掘りを体験して…(ゆり組) (2021年10月18日)

秋の遠足でゆり組はさつまいも掘りにいきました。たくさんの大きなお芋をたくさん掘ることができ、大満足の子ども達。

芋掘りに行った後、振り返りの時間をつくると、「こんなに大きなお芋が掘れたよ!」「私のは、なかなか掘れなかったけど、最後にいっぱいのお芋が出てきたよ!」「僕のは、でかでかお芋!」などなど、いろいろな思いを話していました。

話し合いも盛り上がっていたので、芋掘りの様子を今月の壁面製作にすることにしました。

子どもたちに自分の好きな形、大きさ、模様の芋を作るように話すと、みんな自分のお芋!と、張り切って作っていました。

p1140168p1140170p1140172

顔を作る子や、根っこの部分を作る子、一人一人がイメージした芋が芋が出来上がりました。それを見た子どもたちから、「これで芋掘りがしたい!」という声が出ました。そこで、みんなで作った芋で芋掘りごっこをすることにしました。

p1140123まずは、芋を新聞紙や布で隠して、土に見立て、みんなで一斉に掘り始めました。

p1140124p1140129p1140132

すると、一気に芋が出てきました。出てくると、「やったー!掘れたぞ~!」と大喜び!

p1140125p1140126何回も何回も掘っていました。

芋掘りの次は掘った芋を食べたい!ということになり、「焼いも大会」になりました。

焼いもをどうやって再現しようか・・・と、話し合いをすると、「新聞紙で包むんだよ」「木の枝がいるよ」「火はどうする?」などと、いろいろな声が出てきました。そこで、新聞紙や広告を巻いて棒状にしたり、ちぎったりして、木の枝に見立て、たき火を作りました。

p1140223p1140227p1140218p1140229

見て下さい!きれいに木の枝を並べて、本物のたき火のようになってきました。

そして、みんなが作った芋を並べ、いよいよ焼きます!

p1140234p1140231

p1140238まずは焼く前に、みんなが温まります。

そして、火がつくと、お手製太鼓のバチ(新聞紙で作ったもの)を火吹き棒にして、みんなで「ふうふう~!」

p1140246p11402391

さぁ、焼けました!みんなで食べましょう!

p1140251p11402581

p1140256

美味しく焼けた!?お芋を、みんな美味しそうに食べて(食べる真似)いました!

最後は、たき火の残りを「せーのーで!」と言って一斉に飛ばし、いもほりごっこ、焼いも大会は終わりました。

p1140668p1140669いっぱい遊んだあと、ようやく壁面に飾りました。飾った後も、自分の芋や、友達が作った芋を見ては、会話しています。芋掘りの体験がいろいろな遊びへとつながっていきました。


カテゴリー

過去の記事